新型コロナを正しく恐れる
その為に必要なのが、セルフチェックです。

蛍光測定器(AFS-1000)



抗原検査簡易キット

研究用新型コロナウィルス抗原測定簡易キットの手順

検体採取

綿棒を口から喉に挿入し、綿棒の先が
口粘膜や舌に触れないように、喉の奥
の壁と上顎の扁桃腺の赤い部分を中心
に数回こすって、綿棒を取り出します。

検体抽出

採取後の綿棒をサンプル保存容器に
挿⼊し、液に浸し、容器の内壁の近く
で10∼20回回転させて、サンプルを
よく溶液に溶かします。サンプル液体
をできるだけ多くするため、容器の壁
に綿棒頭部を⼗分絞った後、綿棒を廃
棄します。

検体滴下

ドリッパーを検体保存容器に再度しっ
かり挿⼊し数回振ります。
テストカードのサンプル穴に、サンプ
ルを含む保存液を3∼4滴(約80ul)滴
下します。

結果

結果は15∼20分以内に観察できますが、30分
後には消えます。
測定が⾏われた場合Cラインに⾚い線が出ます。
抗原を検知した可能性が⼤きい場合、さらにTラ
インに⾚い線が出ます(合計2本の線となりま
す)。何も検知出来ていない可能性が⼤きい場合
は⾚い線は1本のままです。
測定が出来ていない場合は1本も線が出ません。
再度測定することをお勧めします。



最新情報

販売会社は?

放送の内容は「TBSテレビ」のウェブサイトでご確認ください。
経済雑誌や新聞でも多数紹介されました。

お問合わせ

電話でのお問合せ

製品についてのお問合せのみ対応。

受付時間 10:00-17:00
土日祝日・年末年始休み

03-6434-5560


メールでのお問合せ

受付時間 24時間
2営業日以内に返信します。

info@lunasand.com
お問合わせフォーム

    もう一度、入力内容を確認してください。
    送信をクリックすると直ちにメッセージを送信します。